押角駅 冬
岩泉線 押角駅


2010年の夏から不通になっている岩泉線をふと、気が向くと撮りにいく事何度目だろうか
雪に埋もれた押角駅の最近の利用客は動物のみらしく足跡は可愛いものばかりであった。
この季節、ここに来ると昔々のスイッチバック時代の遺物が見ることができる。
鉄路がある部分は白いラインとなりホームが無ければ鉄道があるとは誰も気付かないだろう。

e0162272_18582818.jpg




e0162272_18583422.jpg



e0162272_18583919.jpg



e0162272_18584462.jpg



e0162272_18584993.jpg



e0162272_18585484.jpg



e0162272_18585981.jpg



e0162272_1859361.jpg


+++ いつも応援ありがとうございます +++
+++ よかったらクリックお願いします  +++

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hayamiimagination | 2012-02-19 19:00 | 岩泉線
岩泉線 冬
岩泉線


岩泉線には忘れてしまった何かがまだ残っている。

e0162272_2185621.jpg




e0162272_219319.jpg



e0162272_2191035.jpg



e0162272_2191654.jpg



e0162272_2192195.jpg



e0162272_2193010.jpg



+++ いつも応援ありがとうございます +++
+++ よかったらクリックお願いします  +++

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hayamiimagination | 2012-02-15 21:10 | 岩泉線
岩手刈屋駅 冬  IwateTariyaStation winter
岩泉線 岩手刈屋駅

2012年2月5日撮影

雪景色はさぞかし綺麗であろうと性懲りも無くまた来てしまいました。
今回は短焦点レンズをメインに撮ってみたのですが、なかなか被写界震度は難しいものです。

e0162272_203706.jpg




e0162272_2037681.jpg



e0162272_20371355.jpg



e0162272_20372195.jpg



e0162272_20372730.jpg



e0162272_20373318.jpg



e0162272_20373824.jpg



e0162272_20374440.jpg



e0162272_20375015.jpg



e0162272_20375537.jpg



+++ いつも応援ありがとうございます +++
+++ よかったらクリックお願いします  +++

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hayamiimagination | 2012-02-06 20:40 | 岩泉線
十和田南駅 TowadaMinamiStation
花輪線 十和田南駅


1920年7月 秋田鉄道の毛馬内駅として開業
1957年6月 十和田南駅に改称。
2012年1月9日撮影

この駅を見た瞬間 男はつらいよ の寅さんが今にも出てくるのではないかと思ってしまった。
それほど昔の風情を保っている駅は今や数少ないのである。
この駅は全線スイッチバックで出発していくのだが、これは秋田鉄道時代
1922年に交付された改正鉄道敷設法の中の「予定線」として、その内容が記されている。
「青森県三戸ヨリ秋田県毛馬内ヲ経テ花輪ニ至ル鉄道」
この一文でわかるとおり、三戸に接続される予定であったのだ。しかし、その計画は秋田鉄道が
買収され国有化されるにあたり幻となり、その幻影がスイッチバックの駅という形で残されてしまった。
折角隣駅から毛馬内と言う駅名を略奪したにもかかわらず十和田南と改称したのは観光目的なのだろうか。
しかし、十和田湖に近いかと言えばかなりの距離があるわけで車社会となった今日、この駅の役目も
以前とはかなり違ったものになっているのであろう。
いずれ、平均利用客数が300人も行かない駅に委託とはいえ駅員配置せざる得ないスイッチバックも
合理化の名の下、ただの通過駅に改造されてしまうのかもしれない。
数年後に再訪した時に簡易待合所になっていないことを祈るのみである。
当初民鉄として開業したこの駅は、国鉄とはまた違った駅舎の趣がありこのままの姿で存続して欲しいと思う。

e0162272_13522577.jpg




e0162272_13523318.jpg



e0162272_13523981.jpg



e0162272_13524431.jpg



e0162272_13525026.jpg



e0162272_13525783.jpg



e0162272_1353758.jpg



e0162272_1353165.jpg



e0162272_13532282.jpg



e0162272_13532768.jpg



e0162272_13533451.jpg



e0162272_13534116.jpg



e0162272_13534717.jpg



e0162272_135353100.jpg



+++ いつも応援ありがとうございます +++
+++ よかったらクリックお願いします  +++

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hayamiimagination | 2012-01-21 13:57 | 花輪線
末広駅 SuehiroStation
花輪線 末広駅

2012年1月9日撮影
1915年12月 秋田鉄道の毛馬内駅として開業
1920年5月末広駅に改称

秋田鉄道時代この駅が出来てから5年間終着駅であった。
1920年現十和田南駅まで開通すると毛馬内の名称を現十和田南に明け渡し末広駅と改称した。
もっとも末広地区内にあるので背伸びした名前を返上したと言ったところであろうか。
しかし、国有化された後、毛馬内と言う名称も十和田南駅と改称されてしまい最終的には毛馬内駅と
言う名称は消滅してしまったのは何故だろうか。

話を戻し、末広駅であるが、当初終着駅であったことから現在は棒線となっているが島式ホームであることから
以前は島式1面2線であったのだろう。もしかしたら数本の引込み線もあったのかもしれない。
数年前に以前の駅舎はプレハブの待合室になってしまったのだが、ホームには往時を偲ばせる
廃線路で出来た上屋が残っている。この上屋も恐らく当時はもっと長かったと思われるが、現在は
切り詰められささやかに残っているのみだ。
旧街道から駅に繋がる道路は立派であり当時はさぞかし貨物も旅客も多かったのだろう
しかし今は、バイパスが出来旧街道も現役を引退し現在は隠居生活を送っているように思えた。
街道だけではなく、街自体が隠居生活を送っているのかもしれない。
e0162272_2245174.jpg




e0162272_2245995.jpg



e0162272_225104.jpg



e0162272_2252626.jpg



e0162272_2253214.jpg



e0162272_2254090.jpg



e0162272_2254688.jpg


+++ いつも応援ありがとうございます +++
+++ よかったらクリックお願いします  +++

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by hayamiimagination | 2012-01-19 22:08 | 花輪線